オージオ ビューティークレンジングバームの成分について

オージオ ビューティークレンジングバームの成分

このサイトでご紹介しているオージオ化粧品の「ビューティークレンジングバーム」は、単にクレンジング料や洗顔料で終わりという商品ではありません。

クレンジングや洗顔後も、何だかお肌がしっとりしてハリも感じられる、そんな効果が期待できるクレンジングバームなんです。

何と言っても、この濃密なクレンジングバームには、美容成分が約78%も配合されているらしいですよ。

ここでは、美容成分の中でも特に注目しておきたい、

  • ローヤルゼリー
  • プロポリス
  • ハチミツ
  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • リンゴ幹細胞
  • ビルベリー葉エキス

について、ご紹介したいと思います。

ローヤルゼリー

ミツバチが、花粉をもとに体内で作り出す粘着質の分泌液、それがこのローヤルゼリーです。お肌の健康維持に欠かせない必須アミノ酸アミノ酸が非常に多いのが特徴です。

アミノ酸は、疲労や老化で衰えた細胞をよみがえらせるのに不可欠な栄養成分です。お肌のケアにおいても、皮膚の新陳代謝を高めて若々しさを取り戻すのに使われます。

また、このローヤルゼリーには、エイジングケア成分として注目されている「類パロチン」も含まれていて、お肌のコンディションを若返らせてくれる効果があるといわれています。

ただ「類パロチン」は、年齢とともに体内量が減ってしまうため、外から補うことが大切であると言われています。

ローヤルゼリーには、多彩な健康成分が含まれるなか、類パロチンも美容に役立つ成分としてお肌に潤いやツヤを与えてくれます。

 

プロポリス

「天然の抗菌物質」という言い方もあるほど、体の抵抗力を高める効果があるとされるプロポリス

ミツバチたちが巣を作るときに分泌する蜜蝋を木の目や皮と混ぜ合わせ、抗菌性や保湿性、透湿性を高めていると言われています。

そんなプロポリスには、肌のエイジングをサポートし、新陳代謝を促進する成分であるフラボノイドが豊富に含まれています。

また、抗炎症作用が強いため、ニキビや日焼けなどにも天然成分が肌にやさしく働いて細胞レベルから肌をイキイキとよみがえらせてくれます。

 

ハチミツ

ミツバチが作っているということでは、上記の「ローヤルゼリー」と「ハチミツ」は共通しています。しかし、成分や栄養効果など、この二つには大きな違いがあります。

ハチミツは花粉が原料で、その甘み成分を巣に溜めたものであるのに対し、ミツバチが花粉をもとに体内で作り出す粘着質の分泌液がローヤルゼリーです。

ハチミツには、ビタミン群や必須アミノ酸、ポリフェノールなど、美容や健康に役立つ栄養素がたっぷり含まれています。スキンケアグッズの中には、美肌成分の一つとして配合されているものもありますよね。

ハチミツに含まれる美肌成分として注目したいのが、ビタミンB群ビタミンCナイアシンです。

お肌の状態を整えてくれる整肌効果が、肌荒れを防止。また、抗炎症作用が、ニキビや吹き出物の炎症を抑えてくれます。

ビタミン類が豊富なので、抗酸化作用も期待できます。

シミやしわは、お肌が酸化することで出来てしまいますが、豊富なビタミン類には抗酸化作用が期待できるので、エイジングケアにもおすすめです。

また、ビタミンBビタミンCといえば、美白効果を思い出しますよね。

このようにハチミツには、豊富なビタミンの他、抗酸化作用のあるポリフェノール、若さの秘訣のパロチン、アミノ酸、酵素等も含まれているので、美容効果が期待できます。

 

セラミド

セラミドは、お肌の保湿に欠かせない重要な成分です。

乾燥肌敏感肌の原因の多くは、このセラミドが多く含まれているはずの角質層の働きが充分でないから。

角質層には、「バリア機能」という重要な役割があって、紫外線等の外部からの刺激に対して肌内部を守る働きがある一方、肌内部の潤いを外部に逃げないように守る働きもあります。

そのバリア機能の重要な役割を担うのが、角質層に含まれるセラミドです。

セラミドが不足すると、上記のバリア機能がうまく機能しなくなり、ひいては乾燥肌や敏感肌の症状を招いてしまいます。

幸いにもこのセラミドは、化粧品等などで補ってあげることができます。セラミド配合の化粧品がたくさん販売されているのは、そのためですね。

ただ闇雲にセラミドを補うのは禁物です。セラミドにはいくつかの種類があり、角質層に含まれるセラミドの種類と、外部から補うセラミドの種類が一致していることが重要です。

オージオのビューティークレンジングバームには、保湿効果の高い3種類のヒト型セラミド、

  • セラミドAP (セラミド6Ⅱ)
  • セラミドNG (セラミド2)
  • セラミドNP (セラミド3)

が配合されており、クレンジング後のお肌に潤いとハリをもたらしてくれます。

 

ヒアルロン酸

基底層を挟んだ表皮の下には、真皮と呼ばれる肌の土台となる層があります。

この真皮の主な役割は、肌の弾力を保ち真皮内にある毛細血管が栄養と酸素を肌の隅々まで届けることです。

真皮は、70%を占めるコラーゲンの他、コラーゲンをつなぎとめるように働くエラスチン、そしてゼリー状のヒアルロン酸で構成されています。

この真皮を支えるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸は、保湿成分としても良く使用されています。

その中で、ヒアルロン酸は、200~600倍の水分を蓄える力のある保湿成分です。

化粧品等に含まれるヒアルロン酸は、角質層内保湿として働き、水分を抱え込んだままキープしてくれます。

 

リンゴ幹細胞

スイスに、4ヶ月放置しても腐らないリンゴの木があります。「ウトビラー・スパトラウバー」というそうで、腐らないようにと自分の細胞を自己再生して維持しようとする栄養素が含まれています。

なので、お肌にもすごい効果のあることは解っていたのですが、貴重すぎて入手できません。

そこで、ミベールバイオケミストリー社が開発した培養技術を使って、この腐らないリンゴの実からリンゴ幹細胞を抽出することに成功。今では、多くの化粧品にも配合されるようになりました。

このリンゴ幹細胞のスゴイところは、傷んでしまった細胞を元気にして機能を活性化すさせること。
具体的には、ターンオーバーの正常化をはじめ、抗シワ効果やエイジング効果も期待できます。

 

ビルベリー葉エキス

ビルベリーとは、ブルーベリーの一種。ブルーベリーの中でも、ポリフェノール類のアントシアニンの量が非常に多く、他にアミノ酸等も豊富に含まれています。

そんなビルベリーの葉から抽出したエキスが、ビルベリー葉エキスです。

化粧品にも多く配合されており、美肌・美白効果やニキビ等を防ぐ効果が期待できます。

 

まとめ

オージオビューティークレンジングバームには、美容成分だけでも41種類も含まれれており、単にメイクを落とすクレンジング剤や洗顔料としての機能だけではなく、その後もしっとりハリのあるお肌をキープ出来るようにと工夫されたクレンジング商品と言えるでしょう。

41種類全ての美容成分を全てご紹介することはできませんが、ここではその中でも特に注目しておきたい成分をご紹介しました。

クレンジング剤なのにクレンジングの域を超えた商品となっています。

こちらにもご紹介している通り、公式サイト経由だと、

  • 初回は半額の1,800円(税抜、送料無料)
  • 2回目以降も2,880円(税抜、送料無料)

とリーズナブルなお値段で購入できます。

某有名どころのクレンジング料と内容量、価格で全く同じのオージオ ビューティークレンジングバーム。

でも、ここにご紹介した成分内容では、決してヒケをとらない商品となっていますので、是非、お試し頂きたいと思います。